開く
 パスワードを忘れてしまった方はこちら
 新規会員登録

Login

免注册即享有会员功能

Login

免注册即享有会员功能

imctokyo.com トップ テクノロジー 内容確認
  • コメント
  • 気入り

最大32GBメモリに対応、Intel「Cannon Lake」プロセッサが出荷開始 ...

上杉達也 2018-5-20 19:58 73人読んだ テクノロジー

最大32GBメモリに対応、Intel「Cannon Lake」プロセッサが出荷開始

最大32GBのメモリに対応するIntelの「Cannon Lake」プロセッサが出荷されていることが分かりました。しかし、MacBook Proが32GBメモリに対応するのは、2019年まで待つ必要がありそうです。

LPDDR4規格メモリのプロセッサ搭載

中国の販売業者の資料に、IntelのCore i3-8121Uプロセッサ搭載のLenovo製ノートパソコンIdeaPad 330が掲載された、とArs Technicaが報じました。

最大32GBメモリに対応、Intel「Cannon Lake」プロセッサが出荷開始

Intelの公式サイトには、現世代の14nmプロセスよりも微細化が進んだ10nmプロセスで製造されるこのプロセッサはLPDDR4規格メモリに対応し、最大32GBのメモリを搭載可能であり、2018年第2四半期(4〜6月)に出荷開始と説明されています。

最大メモリが16GBの現行MacBook Pro

現行のMacBook Proは、搭載しているプロセッサがLPDDR4規格メモリ非対応のため、メモリの最大容量が16GBに制限されています
 
Cannon Lake」プロセッサが本格的に出荷されれば、32GBのメモリを搭載可能なMacBook Proの発売に期待したくなりますが、もう少し待たなくてはならないようです。
 
米メディアAppleInsiderは、先述のCore i3-8121Uプロセッサは低消費電力の廉価モデルであり、MacBook Proではなく、12インチMacBookやMacBook Air向けだろう、と指摘しています。
 
Intelは先日の決算発表で、「Cannon Lake」プロセッサの出荷は2018年に開始するものの、製造時の歩留まり率に改善が必要として、本格的な出荷は2019年になると発表しています。

WWDC 18での発表は期待薄か

2017年6月の世界開発者会議(WWDC 17)では、MacBookシリーズのリフレッシュが発表されました。
 
現地時間6月4日から開催される今年のWWDCでは、MacBook Proのリフレッシュが発表されるかもしれませんが、「Cannon Lake」プロセッサ搭載モデルに関する発表は期待できなさそうです。

 
 
Source:Ars TechnicaAppleInsiderIntel
(hato)


ありえる

ありえない
来自: https://iphone-mania.jp/
发表评论